JUGEMテーマ:読書


【ものがたり概要】

―――北は瀬戸内海に面し、南は山々に囲まれた讃岐国・丸海藩。

萬屋の店主のお手つきで生まれた9歳のほうは、
江戸から金比羅代参に連れ出され、この地に捨て子同然に置き去りにされた。

幸いにも藩医を勤める「匙」の井上家に引き取られるが、
母とも姉とも慕うその家の琴江が毒殺されてしまう。

折しも、鬼だ悪霊だと噂される幕府の要人・加賀殿が、
流罪人として丸海藩へ入領しようとしていた。
そしてなぜか琴江の毒殺は病死として扱われる。

琴江の毒殺の犯人を目撃していたほうは井上家から出され、
女だてらに引手を勤める宇佐と共に姉妹のように暮らすことになった。
やっとその暮らしにも慣れようとする頃、
突然、ほうは流罪人・加賀殿が幽閉される涸滝の屋敷へ女中として送られる。
ひたすら互いの安否を気遣う宇佐ほう

加賀殿のお国入りとともに領内では不審な毒死や謎めいた凶事が相次ぐ。
やはり加賀殿は災厄を運んでくる悪霊なのか。


妻子と側近を惨殺し、鬼だ悪霊だと領民に恐れられる加賀殿と、
ひょんな事から面会したほうは、加賀殿から手習いを受けるようになる。
ほうとふれあう中で、頑なにだった加賀殿は少しずつ心を開いていく。
しかし水面下では藩の存亡を賭した秘策が粛々と進んでいた―――。







久しぶりに読んだ宮部みゆきさんの時代物。
やっぱりイイですねぇ。
まさに時代物は宮部さんの真骨頂です。

宇佐とほうの、互いに思いやる心。
いつしか加賀様を慕うほうの一途さ。
そしてほうに対する加賀殿の慈愛。


人の心の機微が抜群の描写力と相まって感動を呼びます。
丸海の町の描写も素晴らしく、その素晴らしい景観が目に浮かぶようです。
思わず、行ってみたいなぁと思いました。(笑)

幼いほうの一途な心に打たれました。
最後は涙が止まりませんでした。
めちゃくちゃ泣かされました。
切ないです。


宮部さんの時代物は以前から大好きでしたが、
その中でもこれは最高傑作と言えるんじゃないでしょうか。
お薦めです。
是非、最高の宮部ワールドに浸ってください。(^_^)v




評価:
宮部 みゆき
新潮社
¥ 780
(2009-11-28)
コメント:宮部みゆき、真骨頂の時代物。泣けました。

評価:
宮部 みゆき
新潮社
¥ 820
(2009-11-28)
コメント:一途な「ほう」という女の子に涙。

 


もしも映画化にするなら、

ほうの役は八木優希ちゃん、



宇佐の役は成海璃子ちゃんがいいなぁ。



加賀様の役は夏八木勲さんなんかいいかも。



な〜んて思いながら読んでいました。(^_^;)

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://diaryblog.otchan.lolipop.jp/trackback/997903

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

青森県の天気

あらいぶの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 初心に戻ろう!!
    あらいぶ
  • 初心に戻ろう!!
    じゅずじ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    あらいぶ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    じゅずじ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    あらいぶ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    じゅずじ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    あらいぶ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    AT
  • 職場復帰
    あらいぶ
  • 職場復帰
    じゅずじ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM