評価:
百田 尚樹
講談社
¥ 919
(2009-07-15)
コメント:この本を読んで、何度泣いたことか。零戦ファンはもとより、今の若い世代に呼んでほしい本です。


話題の出版からかれこれ数年たちますが、
遅ればせながらやっと「永遠の0(ゼロ)」を読みました。

以前から読もう読もうとは思いながら、
あれもこれもと別なものばかり読んでいて、
最近になってやっと読了しました。



【ストーリー】
終戦から60年目の夏。
司法試験に4度落ち、人生の目標を失いかけていた26歳の佐伯健太郎に、
フリーライターの姉・慶子から戦死した実の祖母について調べるアルバイトを持ちかけられる。

宮部久蔵が本当の祖父であると知らされたのは、6年前に祖母が他界したときだった。
それまで実の祖父と思っていた賢一郎から宮部久蔵こそ本当の祖父であり、
彼は終戦の数日前に神風特攻隊の一員として亡くなったことを知らされる。

母のためにも本当の父親がどんな人物だったのか調べようと、
姉弟で生存している宮部久蔵の知人を取材する。
その証言から浮かび上がってきた姿は予想もしないものだった。

一人目の証言者は「奴は海軍航空隊一の臆病者だった」といい、
また別の証言者は「勇敢ではないが、優秀なパイロットだった」という。

しかし何人かに取材を進めるうちに次第に現れてくる実像は、
祖母と母を心から愛したすばらしい人物だった。
そしてクライマックスには驚きのどんでん返しが待っていた―――。



読んでみて、
なぜもっと早く読まなかったのだろうと後悔しました。
それだけ大感動しました。

読みながら何度こらえきれずに涙したことか。
最後の場面ではもう、滂沱の涙でした。

映画化になり、12月21日から公開になります。

宮部久蔵役は岡田准一。
原作では長身の人物となっているが、まぁ悪くはないかも。




映画を観たら号泣しちゃうかもなぁ。
恥ずかしいから映画館には行けないかもね。(^^;)

でも、観てみたい。



JUGEMテーマ:読書
 

Comment
読書は苦手で映像ではお得意なほうなので是非観賞して涙腺を刺激させます(笑)
  • ボス
  • 2013/11/28 09:30
オレも涙、涙でした。
心が震えました。

映画も期待ですね。

■ボスさん
年末年始の目玉ですね。
館内のあちこちですすり泣きが聞こえることでしょう。
思いっきり泣いてください。(笑)
  • あらいぶ
  • 2013/11/28 21:04
■じゅずじさん
原作を読んだ方は、それぞれのイメージがあると思うので、
映画では違和感を感じる方もいるでしょうね。
主役に関してはそんなに依存はないけど、
号泣しちゃうかどうかは助演者しだいですね。(^^)
  • あらいぶ
  • 2013/11/28 21:08





   
この記事のトラックバックURL : http://diaryblog.otchan.lolipop.jp/trackback/998803

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

青森県の天気

あらいぶの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 初心に戻ろう!!
    あらいぶ
  • 初心に戻ろう!!
    じゅずじ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    あらいぶ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    じゅずじ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    あらいぶ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    じゅずじ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    あらいぶ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    AT
  • 職場復帰
    あらいぶ
  • 職場復帰
    じゅずじ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM